健康とダイエットで幸せ生活 > ウォーキングで有酸素運動

ウォーキングは、はじめてみると結構楽しくてはまはまってしまいます。

このウォーキングという運動は、体内に酸素を取り入れながら運動するというもっとも からだにいい有酸素運動です。
30~40分以上歩く事によって脂肪燃焼が大きくなり、ダイエット効果は抜群です。
有酸素運動ですので、脳や体に新鮮な酸素を取り入れる事ができ、体はすっきり脳を活発にしてくれます。
朝起きたら、一杯の冷たい水を飲み、朝のきれいな空気の中をウォーキングです。
この朝一番の冷たい水とウォーキングなどの筋肉を動かすことで代謝をするカルニチン という物質が出てきます。さらにその後、お茶を飲むことにより、カルニチンが出てきます。



ウォーキングのよいと思われる点

私が感じるウォーキングの良い点、こんな感じです。

足腰が強くなった
息切れがしない
内臓の調子がよくなった
頭のきれや記憶がよくなった
一日、気持ちすっきり、日常のストレスからも負けない。
などです。
なんせ、半年以上も続けると健康診断の結果はびっくりするほど抜群になったんです。

準備と方法など

靴は運動靴なら何でもOKです。でもサイズ小さからず、大きからずしっかりあったものを選んでください。
ちなみに私は1500円の運動靴で歩いてましたけどね。
でもウォーキングってほとんどお金がかからない分、ナイキとか、ウォーキング専用の靴とか買っても よいと思います。
歩き方は、少し大股で、早歩き。 姿勢は正しくです。
ダイエット成功の最短方法は、減食ウォーキングです。
もちろん、減食というのは食べない事ではなく、腹八分の食事でも栄養はしっかり取って、 間食はしないということです。
ウォーキングは、少し大股はや歩き40~50分くらい最適です。 このやり方で私は非常に健康的に半年で20Kg以上ダイエットしたことがあります。
大切な事は、毎日やることです。ウォーキングは1~2週間に一度は休んだと記憶してますけどね。

歩け歩け運動(ウォークラリー)に挑戦<

歩くことに少し自身がついたところで、ちょっと長距離をあるく、ウォークラリーに挑戦してみました。 なんと、全行程50Kmです。夜の9:00に出発して、延々と歩き、次の日の朝7:00に到着でした。
約500人中、100位くらいだったと思います。何が辛いかって、足の裏のまめでした。 ただ、最後は太ももが痛くなってからは、まめの痛さはすっかり感じないほどでした。でも50Km歩いてもその反動で2~3日疲れて歩けなくなるので、ダイエット効果は同じくらいでした。

反省: 靴はちゃんとしたものを使用しておけばもう少し楽でした。

山登りに挑戦

以前、島根県の大山に登山にいったことがありました。
8月の連休のことでした。
本当は富士山に行くつもりで、前日にインターネットで一生懸命に富士山のことを調べてました。
今まで、まともな登山などしたことがない私とって、インターネットで調べていけばいくほど、 前準備もなしに挑戦することは無謀だということに気がつきました。
そこで、比較的近場で、島根県の大山という山を選択しました。
山の天気は変わりやすいと聞いてましたので、夏ではあるのですが、レインコートと薄いジャンパーを 持っていきました。
後、リュックサック、水筒、タオル、懐中電灯等々...。
いざ出発ということで登山口から、1時間くらいでやっと3合目でした。
さらに1時間くらいで5合目まで来ましたが、なぜかあと頂上まで1時間で到着しました。
こういう風にホームページに書くんだったら、もっと写真や地名の記録を取っておくべきだったのに...。
今までは、あまり写真を撮らない性格でしたので...、でもこれじゃあ何もだれにも伝えられないですね、 ちょっと反省。
ということで、頂上に着いたときのこの達成感はすばらしいものでした。
ただ、ドコモの携帯が、おふくろにつながったのには以外でした。
AUはつながりませんでしたけどね。
ということで、遅くならないうちにいざ下山! はじめてわかったのは、登山より、下山の方がきつい、 というよりも、太ももが異常に痛くて足が曲げられないのです。
ロボット状態で1歩、歩くたびに“痛っ”て叫んでました。
まあ、無事に下山できましたけど、山を甘く見たら恐ろしいことになるってわかりました。
これもまた、こんなきつくてもその反動で2~3日疲れて歩けなくなるので、ダイエット効果は同じくらいでした。

Copyright (C) 健康とダイエットで幸せ生活 All Rights Reserved